ひぐぺん工房トップへ おかげさまで23周年!

ひぐぺん工房(松浦健一郎・司ゆき) - HigPen Works
・今までの仕事 ・書籍 ・最近の業務 ・対応可能言語 ・お見積

おもしろまじめな AIスピーカーアプリをつくろう - Google Home(アシスタント) & Amazon Echo(Alexa)音声アシスタント開発

松浦 健一郎/司 ゆき 著
B5変形判、1色、432ページ
価格 2,800円+税、出版日 2018/01/17、ISBN 978-4-7980-5273-1
対応製品 Google Home(アシスタント) / Amazon Echo(Alexa)
対応環境 Windows / macOS / Linux
出版社 秀和システム
ダウンロードファイルはこちらから
出版社の書籍紹介ページはこちらから

表紙イメージ

関連書籍『おもしろまじめなチャットボットをつくろう』

『おもしろまじめな AIスピーカーアプリをつくろう』と同様に安価なレンタルサーバを利用して、LINE Bot(ボット)のプログラミングが楽しめます。使用言語はPHPで、本書内に必要なPHPの知識も掲載しています。色々なWebサービスと連携するサンプルも作成します(天気情報、ネットショッピングの価格情報、レストラン情報など)。
表紙イメージ

書誌情報  はじめに  目次  作品  Q&A 


はじめに

米国で大流行しているスマートスピーカー(AIスピーカー)が、ついに日本にも上陸しました。Google AssistantをベースにしたGoogle Homeと、Amazon AlexaをベースにしたAmazon Echoです。

スマートスピーカーについて見逃せないポイントは、スマートフォンやタブレットのアプリと同様に、アプリケーションが開発できることです。魅力的な新しいプラットフォームが発表されると、当初はアプリケーションが少なくても、あっという間に膨大な数のアプリケーションが開発されます。ユニークなアプリケーションを作って、多くのユーザに使ってもらうには、スマートスピーカーが上陸したばかりの今が、スタートダッシュのチャンスだといえます。

「次々に新しいプラットフォームが増えて、技術に追いつくのが大変!」「でも時代に乗り遅れたくない!」と感じるのはもっともです。そこで本書は、できるだけ効率よく、スマートスピーカー向けの開発について学べる書籍を目指しました。

本書では、Google用のアプリケーションは日本語版を作成し、Amazon用のアプリケーションは日本語版(第4章)と英語版(第4~12章)を作成しました。英語版を作成するための知識は、世界に向けて公開するアプリケーションを開発する際にお役立てください。また、Google用とAmazon用の解説を両方読むときには、日本語のセリフがどんな英語で(ときには空耳英語で)表現されているのかも、楽しんでいただければ幸いです。

本書には遊びの要素も入れました。各章で作成するアプリケーションは、過去のSF作品に登場したロボットやAIを再現しています。スマートスピーカーを使って、音声で会話していると、まるでロボットやAIと一緒に暮らしているかのような感覚が楽しめます。どのロボットやAIを題材にしているのかは、各章末に種明かしがありますので、ぜひ本書を読みながら当ててみてください!

本書を読んだ皆さんが、スマートスピーカーでどんなアプリケーションを作ったか、どんなことにスマートスピーカーを使ったか、書籍レビューなどを通じてお知らせいただけたら、とても嬉しいです。皆さんのアイディアがカタチになることを、心から願っています。

書誌情報  はじめに  目次  作品  Q&A 


目次

Part1 音声アシスタントとスマートスピーカーの基本

1章 音声アシスタントとは

2章 エージェントやスキルの仕組み

3章 開発環境のセットアップ

Part2 いろいろなアプリケーション

4章 あいさつアプリケーション~「ラーイ」 - JSONを使ったレスポンスの生成

5章 コピーアプリケーション - JSONを使ったリクエストの取得

6章 Beepアプリケーション - リクエストの加工を使ったレスポンスの生成

7章 応援アプリケーション~「ハヤクゲンキニナレ」 - インテントを使った動作の切り替え

8章 睡眠アプリケーション~「羊が1匹。羊が2匹。」 - コンテキストやセッションによる継続的な会話の実現

9章 オーディオアプリケーション~「とけいの おとで ねむらせた!」 - SSMLやディレクティブを使ったオーディオの再生

10章 ゲームアプリケーション~「1、2、フィズ、3、4、バズ」 - 会話を使ったゲームの実現

11章 ドクターアプリケーション~「ケアに満足しましたか?」 - ユーザIDを使った個人別データの管理

12章 ショップアプリケーション~「チョコバーを注文するのだ」 - ユーザに対する問い合わせと確認を伴う注文処理の実現

補足資料

Android WearとGoogle Assistant

リクエストとレスポンスの構成一覧

用語対応表

書誌情報  はじめに  目次  作品  Q&A 


作品

読者の皆様が開発、発表された作品を紹介します。作品はこちらからお知らせください。

「年号暗記」(すぐる学習会)

Google用。レベルが選べること、間違ったときにすぐに正解を言ってくれること、レベル終了後に再挑戦できることが良かったです。楽しく年号を覚えられそう。

書誌情報  はじめに  目次  作品  Q&A 


最終更新 2018/06/05
トップページへ
©ひぐぺん工房 禁無断転載
動画講座「 AIへまっしぐら! Pythonアニマルズ 」 最新刊『 Technical Master はじめてのPython 』
このサイトはリンクフリーです。 このサイトはChromeで動作検証しています。ブラウザにかかわらず表示に乱れがありましたらどうぞお知らせ下さい。メールを送る