ゲームアルゴリズムコレクション for iOS

松浦 健一郎/司 ゆき 著
B5変形判、1色刷り、528ページ
本体価格 3,300円、出版日 2015/04/11、ISBN 978-4774173092
対応環境 Mac OS X Yosemite 10.10.2以上, iOS 8.2以上, Xcode 6.2以上
出版社 技術評論社

表紙イメージ


はじめに

 本書はiOSでゲームアプリケーションを開発する方法を解説します。特に、色々なゲームのアルゴリズムについて取り扱っています。アルゴリズムとは本来、コンピュータで問題を解くための手順を定式化したものです。本書ではアルゴリズムという言葉を、ある機能を実現するための方式、といった緩やかな意味合いで用いています。

 本書では、アクション、シューティング、パズル、RPGといったゲームの種類ごとに特徴的な動きを、数多く取り上げています。個々の動きについて、図解を中心に、実際に動くプログラム例とともに説明しています。

 開発用のプログラミング言語には、主にC++を使います。iOSではObjective-Cが広く使われていますが、ゲームプログラミングに適した機能を備えていることと、他機種との間でプログラムの移植がしやすいことから、本書ではC++を採用しました。

 初めてゲームプログラミングを行う方にもお楽しみ頂けるように、プログラムを短く簡潔にまとめた上で、図を使って直観的に説明することを心がけました。まずは図から大まかな仕組みを理解することを目標に、気楽に読んで頂けましたら幸いです。興味のある項目から、読み始めて頂いても構いません。

 画像の表示やタッチ入力の検出といったゲームに欠かせない処理は、基盤となるプログラムにまとめました。本書のプログラムを利用すれば、複雑な処理を記述することなく、iOSのゲームプログラミングをすぐに楽しんで頂けます。

 開発したゲームは、iPhoneやiPadといったiOSデバイスで遊んだり、App Storeで公開したりすることができます。ぜひ本書を片手に、iOSのゲームプログラミングを始めてみませんか。そして、自分が本当に面白い!と思うゲームを、自分の手で作り上げてみませんか?


使い方

 本書は、iOSでゲームを作ってみたい方、特に「ジャンプ」や「レーザー」といった、色々なゲームの動きを作ってみたい方におすすめです。本書が提供するライブラリ(UnityやCocos2Dのような、ゲームを構築するための基盤プログラムの一種)を使うと、ごく短いプログラムで、色々なゲームの動きを再現することができます。また、本書が図解している内容を理解すると、色々な環境(各種のゲームエンジンやライブラリなど)に応用できる考え方が身につきます。

 本書は次のようにお使いください。


サンプルプログラムより

床が落ちる(アクションゲーム)
床が落ちる
(アクションゲーム)
分裂弾を発射する(シューティングゲーム)
分裂弾を発射する
(シューティングゲーム)
ピースを積み重ねる(パズルゲーム)
ピースを積み重ねる
(パズルゲーム)
シンボルエンカウント(ロールプレイングゲーム(RPG))
シンボルエンカウント
(ロールプレイングゲーム(RPG))

目次

Introduction: iOSでゲームを開発するには

Chapter1: ゲームの基本となるアルゴリズム

Chapter2: アクションゲームのアルゴリズム

Chapter3: シューティングゲームのアルゴリズム

Chapter4: パズルゲームのアルゴリズム

Chapter5: ロールプレイングゲーム(RPG)のアルゴリズム

Appendix: ゲームプログラムの基盤


最終更新