ゲームアルゴリズムレシピ for JavaScript

初めてでも、楽しみながらゲームプログラミングの基本から応用までを学べる本です。

松浦 健一郎/司 ゆき 著
B5変形判、1色刷り、384ページ
本体価格 2,800円、出版日 2008/11/20、ISBN 978-4-7980-2128-7
対応OS:Windows Vista/XP/2000
出版社 秀和システム書籍紹介ページ

表紙イメージ 表紙イメージ クリックで表紙の拡大画像を表示
表紙イメージ Ajaxを使ったWebマスコット製作には書籍「うぇぶマスコットをつくろう!! for Ajax」もどうぞ。



書誌情報  特色  サンプル  はじめに  目次  Q&A  著作権 

はじめに

 色々なゲームを遊んでいると、自分でもゲームを作ってみたくなりませんか。本書は初めてゲームを作る方にも楽しんでいただけるゲームプログラミング解説書を目指しました。図解を多く取り入れて平易な説明を心がけましたので、プログラミングをする方にはもちろん、プログラミングをしない方にもゲームの作り方を分かりやすく学んでいただけると思います。

 最近のゲームは複雑で、一見とても作れなさそうに思えますが、実は基本となる仕組みは意外に単純です。本書はこういった基本的な仕組みを、キャラクターの画像やアニメーションを表示するところから始めて、段階的に解説していきます。プレイヤーの入力に応じてキャラクターを動かしたり、敵や障害物との接触を判定したり、スコアを加算したりといった具合に、少しずつゲームを発展させます。

 基本だけで終わりではありません。敵を自動的に動かしたり、武器で敵を撃ったり、マップをスクロールさせたり、アイテムでパワーアップしたりといった具合に、ゲームはどんどん本格的になっていきます。物を押して動かしたり、トランポリンで跳んだりといった、よく知られているゲームのアクションを再現する方法も解説します。

 終盤では、タイトル画面やコンティニュー画面を追加したり、ネットワークを使ったハイスコアランキング機能を実現したりして、ゲームを完成させます。本書を読み終える頃には、さまざまなゲームを自力で作れるようになっていることでしょう。あとはご自身のアイディアを活かして、オリジナルゲームの制作に没頭してください。

 本書はプログラミング言語の種類に関係なくお使いいただけますが、サンプルの制作にはJavaScriptを使いました。JavaScriptのプログラムはWebブラウザがあれば誰でも実行できるので、制作したゲームを多くの人に遊んでもらうのに最適です。開発にも特別な環境は必要ありません。配布もアップデートも簡単ですし、Ajaxを使ったネットワークプログラミングも可能です。さらに、Flashのプログラミング言語であるActionScriptと言語仕様が共通なので、JavaScriptで学んだ知識をFlashプログラミングに活用することもできます。

 ゲーム作りは難しくありません。ゲームに興味を持っている方が、本書をきっかけにゲーム制作の世界を心ゆくまで楽しんでいただけるようになれば、筆者にとって至上の喜びです。



書誌情報  特色  サンプル  はじめに  目次  Q&A  著作権 

特色



書誌情報  特色  サンプル  はじめに  目次  Q&A  著作権 

サンプルより

サンプルをクリックすると実際に遊べます!
ジャンプで障害物を避ける
ジャンプで障害物を避ける

カーソルキーで移動
スペースキーでジャンプ
障害物に当たるとゲームオーバー
 
 
武器で敵を撃つ
武器で敵を撃つ

カーソルキーで移動
スペースキーで発射
敵に当たるとゲームオーバー
 
 
ネットワークランキング
ネットワークランキング

最初に英文字で名前を入力
カーソルキーで移動
アイテムを拾うと一定時間無敵になる
全てのドットを拾うとクリア
敵に当たるとゲームオーバー
他にも色々なサンプルが収録されています!
迷路で敵から逃げる
迷路で敵から逃げる
アイテムを拾ってパワーアップする
アイテムを拾ってパワーアップする
コンティニュー画面
コンティニュー画面
荷物を押す
荷物を押す
トランポリン
トランポリン
床を押し上げる
床を押し上げる


書誌情報  特色  サンプル  はじめに  目次  Q&A  著作権 

目次



書誌情報  特色  サンプル  はじめに  目次  Q&A  著作権 

著作権について



書誌情報  特色  サンプル  はじめに  目次  Q&A  著作権 

最終更新 Friday, 16-Mar-2018 18:54:29 JST
トップページへ
©ひぐぺん工房   禁無断転載
最新刊『 おもしろまじめな AIスピーカーアプリをつくろう - Google Home(アシスタント) & Amazon Echo(Alexa)音声アシスタント開発 』